原因はリーキーガット!?アトピー治療日記

10年苦しみ続けたアトピーの原因はリーキーガット!?根本的にアトピーを治すための試みと経過を記録する日記。

スポンサーリンク

記事一覧

  • ポット型浄水器【クリンスイCP405】レビュー
    2018/01/17

    おすすめの水【第1位】としてご紹介させていただきましたポット型浄水器【クリンスイCP405】をご紹介いたします。なお、詳細はおすすめの水でも記載しましたが、本製品を1位とした最大のポイントは「導入の…

    記事を読む

  • 2018/01/15

    これまでお水に関する記事を連載して参りました。最後に肝心の実践部分として「では具体的にどんな水をとるか?」ということにフォーカスしていきます。【オススメの水3位】コスモウォーター数あるウォーターサー…

    記事を読む

  • 水分を摂りすぎるとどうなるか
    2018/01/12

    1日に必要な水分量は1リットルから2リットル。それ以上は摂り過ぎと言うことになります。それでは水分の摂り過ぎはどのような不具合を招くのでしょうか?水分を摂りすぎるとどうなるか水分補給は大事と言いつつ…

    記事を読む

スポンサーリンク

ポット型浄水器【クリンスイCP405】レビュー

  • 投稿 2018/01/17

おすすめの水【第1位】としてご紹介させていただきましたポット型浄水器【クリンスイCP405】をご紹介いたします。
なお、詳細はおすすめの水でも記載しましたが、本製品を1位とした最大のポイントは「導入のしやすさ」と「経済性」です。






ポット型浄水器【クリンスイCP405】レビュー


CP405を購入してみてわかったことをレビューします。
なお、クリンスイには大きさの違いで他にも種類があります。

製品大きさ浄水部容量特徴
CP407幅105×奥行193×高さ280mm2.2ℓポット型最大
CP405幅158×奥行105×高さ280mm1.5ℓ2リットルペットボトルサイズ
CP012幅105×奥行105×高さ288mm0.9ℓスリムタイプ
CP015縦124mm・横107mm・高さ302mm1.0ℓ横置き可能


なお、カートリッジは共通(CPC5)なので、浄水性能は一緒です。



ポット型浄水器【クリンスイCP405】外観


IMG_20180115_042800.jpgIMG_20180115_042810.jpgIMG_20180115_042827.jpg


写真の通り、パっと見2リットルペットボトルより大きい感じです。
冷蔵庫の2リットルペットボトルが入るドアポケットに入りました。
上ぶたの数字はカートリッジの交換目安です。
写真の場合、1月~3月で利用して4月1日にカートリッジ交換しましょうと言った感じです。
ただし、1日2リットルの計算でトータル200リットルがカートリッジ考案の目安です。
1日6リットル浄水すればひと月ほどで交換となります。
逆に、1日1リットルしか浄水しなかったとしても、3カ月での交換が推奨されています。



ポット型浄水器【クリンスイCP405】おすすめポイント


購入してみてわかったおすすめポイントは次の通りです。

  • お水がおいしい
  • 持ちやすい
  • 給水しやすい


さすが定評のあるクリンスイの浄水性能といった感じで、何のクセもなくおいしく水道水が飲めます。
浄水部1.5ℓと割と大容量なので、スープや味噌汁などの料理にも難なく使えます。
そして、ちゃんと形状が工夫されているおかげで大きさの割に持ちやすい。
実は私は女性とあまり手の大きさが変わらないのですが、とても持ちやすく使いやすいです。
ペットボトルより硬いせいか2リットルペットボトルよりこちらの方が持ちやすいと感じます。
また、上蓋を開けて水を入れるわけですが、とても簡単でやりやすいです。
上蓋はしっかり開けると軽くロック(?)が効いて蓋が戻ったりしないので使いやすいです。



ポット型浄水器【クリンスイCP405】注意点


購入してわかった注意点を挙げていきます。

  • 1度の給水で満水にならない
  • やっぱり浄水は遅い
  • 浄水中は水を出すと混ざる
  • 浄水中に傾けると水がこぼれる
  • 水を入れているときたまに蓋が開く


お店で商品を見ればすぐ気づいたのでしょうが・・・私の確認不足です。はい。
給水部0.7リットル、浄水部1.5リットル。
つまり、浄水部を満水にするためには2回給水する必要があります。


次に、浄水速度。
すぐ使わなければ問題はないわけですが、コップ一杯の水(200ml)を飲むのに2分待つわけです。
浄水速度0.1ℓ/分、大体このカタログ通りの速さです。
給水部0.7リットルなので給水部を満水にすると全部落ちるまで7分ほどかかります。
浄水部が空の状態を満水にしたい場合、

給水部に水を入れる

7分待つ

給水部に水を入れる

7分待つ

で合計14分かかる+途中もう一度給水が必要なわけです。
なお、水や温度によって速度は若干変わるそうです。


そして、これも当たり前と言えば当たり前ですが、例えば給水部を満水まで入れて、2分経って大体コップ1杯の水がたまったらコップに注ごうとすると、まだ浄水が終わっていない給水部の水が混ざります。
コップ1杯の水をすぐに飲みたいときは給水部を満水にしてはいけません。


そして、浄水中に傾けると水がこぼれるですが、給水部を満水にしてすぐに冷蔵庫のドアポケットに入れようとするとどうしても傾けなければいけないので、零れます。
少し待たなければなりません。


最後、蓋が開くですが、そんなに頻繁ではありません。
勢いよく入れようと(?)傾けすぎるせいなんだと思います。
コップに入れたりって言う使い方をしているときはまず起きません。
料理などでお鍋に勢いよく入れたりするときにたま~になります。
そんなに支障はありません。



ポット型浄水器【クリンスイCP405】レビューまとめ


とっても導入がしやすいクリンスイCP405。
もちろん注意点もありますが経済的理由でウォーターサーバーを導入できない我が家としては導入がしやすく、購入して良かった商品です。
水道水を手軽においしくできます。
注意点で記載しているポイントは買う前からわかっていれば何のことは無いと思います。




↓↓ Amazonがカートリッジ付きでお得です ↓↓

おすすめの水

  • 投稿 2018/01/15

これまでお水に関する記事を連載して参りました。

最後に肝心の実践部分として「では具体的にどんな水をとるか?」ということにフォーカスしていきます。






【オススメの水3位】コスモウォーター


数あるウォーターサーバーの中からコスモウォーターを選出させていただきました。
理由は後述として、当ブログ内では3位にしていますが、経済的に問題ないなら水質的にはこれが一番お勧めです。

ポイントは

  • 48時間以内の良質な天然水
  • 女性でも設置が楽!足元ウォーターボトル
  • 最後の一滴までおいしい「Wクリーン機能」


3位たる由縁はその経済性です。
誤解を招くと良くないので、ハッキリと書きますが、他のウォーターサーバーと比較して高いわけではありません。
まして、その品質を考えれば安いくらいです。

ですが、・・・500mlあたり79円。
1日に必要な飲み水が1.5リットル~2.0リットルであることを考えると、少なく見積もってもひと月7,000円強。
それも一人当たり・・・です。



ウォーターサーバーなら、コスモウォーター!!


48時間以内の良質な天然水


そこらのペットボトルのお水とは全く違います。
500mlで79円というと
「えっ!?ペットボトルより高くない??」
となりがちですが、品質が違います。
全ての製品ではありませんが、安価なペットボトルは「加熱処理」済がほとんどです。(ラベルをみてみて下さい)

つまりは湯冷まし。

バナジウムやゲルマニウムと言った摂りづらいミネラルも含み、ボトルも「リサイクル資源ゴミ」として処分できますのでペットボトルよりもゴミも減らせます。

なお、ウォーターサーバーの中にはタンクを使いまわすタイプもあります。(ガロンボトル)

「使いまわしの方が環境にいいんじゃない?」

ガロンボトルには環境ホルモンが含まれており、健康に害を与える可能性があります。
ビスフェノールAがヒトの健康に与える影響について(厚生労働省)

また、ボトルの交換時期まで空のボトルを持っておかなければならないため、場所も取ります。

コスモウォーターのワンウェイボトルなら衛生面・健康上の安全面・居住性全てにおいて安心便利に利用できます。


ウォーターサーバーなら、コスモウォーター!!


女性でも設置が簡単!足元ウォーターボトル


これは使っていくうえで結構重要だと思います。
ボトルは12リットル≒12kgもあります。

それは、仕方がありません。

それを子どもの背の高さまで持ち上げなくていい!
持ち上げて設置しなくていい、これは結構使っていくうえで重要です。

足元にスライドして設置するだけ。
12kgあるという事実は仕方がありません。
ウォーターボトルを利用する以上、他のどのウォーターサーバーでも一緒です。
ですが、足元に、それもスライドだけで設置できる。
これは「使う人のことを本当に考えたから」こそだと思います。

なお、
「ボトルが上に無いとボトルの中に水が残るんじゃない?」
大丈夫です、ボトルは使うたびにドンドンつぶれていきます。
使い切った頃には1/4の大きさになります。
最後まで使いきれます。


ウォーターサーバーなら、コスモウォーター!!


最後の一滴までおいしい「Wクリーン機能」


生命を営む水、それは雑菌にとっても同じ。
お水があるところにはどうしても菌も繁殖しがちです。
空気中の雑菌がウォーターサーバー内で・・・考えたくもありません。

コスモウォーターのウォータースタンドはちゃんとそのことにも配慮がされています。
水を出すときにどうしても空気を取り入れなければなりません。

「クリーンエア」
外気を浄化してから取り入れる。
だからメンテナンス不要でいつもきれい。

なお、この「メンテナンス不要」というのも使っていくうえでは結構大事なポイントになります。
メンテナンスが必要ということは「業者と時間を調整」して時間を作らなければいけません。


なお、コスモウォーターはキャンペーン実施中。
【コスモウォーター】キャンペーンの詳細はこちら

なお、他社ウォーターサーバーからの乗り換え者向けのキャンペーンもあります。
【コスモウォーター】乗り換えキャンペーン実施中

【オススメの水2位】ウォータースタンド


次世代ウォーターサーバーと呼ばれる「ウォータースタンド」。
水道水に接続するタイプのウォーターサーバーです。
ポイントは定額制で手軽に使える点、安心メンテナンスを受けられる点です。

ポイント

  • 月額3,000円の定額制
  • ボトルの宅配不要
  • 半年に一度のメンテナンス


2位たる由縁は蛇口付近でしか利用できない(原則5m以内)ため設置場所に制限があること。
そしてメリットでもあるのですが半年に一度メンテナンスの立ち合いが必要なためです。
また、最低1年以上の契約である点(途中解約は1万円の解体料金が発生)する点には注意が必要です。
なお、「RO水」タイプも選べますが、選んではいけません。
(詳細は「身体に良い水、悪い水」に記載)



定額制で使いホーダイのお水、ウォータースタンド。

月額3,000円の定額制


3位コスモウォーター最大のネックがその価格。
ウォータースタンドは水道水直結型なので、月額3,000円の定額制、あとは水道料金のみです。
これであれば飲み水で1日1.5リットル~2.0リットルの飲用水を気軽に飲めることはもちろん、料理にも利用できるので幅が広がります。
全ての水がきれいであることは理想として、最低でも直接飲む飲用水、出来れば料理にも水にはこだわりたいところです。
ウォータースタンドであればそれが実現できます。

結局「もったいないから半分は水道水」なんてことにはなりません。
むしろ定額制なので「できるだけ使いたい」という気分にさえなります。

なお、いわゆる「名水」を持ってくるコスモウォーターと品質を比較するのは難しいですが、三つのフィルターを使い分ける独自の浄水方法により、ちゃんとミネラルを残しつつもしっかりと浄水することが可能です。


定額制で使いホーダイのお水、ウォータースタンド。

ボトルの宅配不要


ボトルが届くウォーターサーバー。
よく言われるペットボトルの購入より確かに楽かもしれません。
ですが、受け取りの手間は消えません。

また、「ボトルの在庫を置く場所」に頭を悩ます必要もありません。
いくら足元ボトルが簡単とはいえ、ボトルの設置はどうしても発生しますが、ウォータースタンドならその手間もありません。

水道水直付けだから定額制の金額面だけでなく、こういった「ちょっとした」手間もなくすことが出来ます。
「飲みたい」と思ったら「交換ランプ」が点いた!なんてことにはなりません。


定額制で使いホーダイのお水、ウォータースタンド。

半年に一度のメンテナンス


一般的な浄水器と浄水方法が異なることはサラッと記載しましたが、この半年に一度のメンテナンスも嬉しいところです。

コスモウォーターのようにメンテナンス不要で使えるのが立ち合いの手間を考えたら理想ですが、浄水型だとどうしても発生するのが「フィルター交換」。

宅配不要・タンク交換不要のメリットと引き換えにどうしても定期的に発生します。

家庭用浄水器の多くは自分で交換。
ですが、どうしても水を扱う以上、内部の汚れ・雑菌が気になるところ。

それをプロに任せられるのがウォータースタンドの嬉しいところなのです。



定額制で使いホーダイのお水、ウォータースタンド。

【オススメの水1位】ポット型浄水器「クリンスイ」


ポット型浄水器「クリンスイ」を1位に挙げさせていただきました。

理由はなんといっても「手軽さ」

コスト的にも場所的にも手間的にも「今から」でも始められる手軽さ。
もし今水のペットボトルを購入しているならすぐにでもこちらにしませんか?
ペットボトルはゴミが出ます。
資源ごみとして大型トラックの荷台一杯に積まれたペットボトルはその輸送だけでも環境に良くありません。
需要に伴い供給が行われます。

イベント利用や外出時の利用では大変便利なペットボトル。
でも家ではペットボトルである必要はないと思います。


クリンスイのおすすめポイントは

ポイント

  • 1リットル5円のコスパの良さ
  • ボトルの受け取り不要
  • メンテナンスの立ち合い不要
  • ちょうど良い浄水性能


難点は、水の品質面では水道水に大きく左右されるため2位のウォータースタンドやまして3位のコスモウォーターとは比較できません。
また、冷蔵庫に場所を摂ることと、「都度浄水」で時間がかかる(コップ一杯のお水の浄水に2分もかかる)ため若干面倒くさいこと。
面倒さ故コスト面では合格ながら料理での利用、特にコメを研ぐやパスタを茹でるなどの水としては使えません。
(カレーや煮物の調理くらいならOK)



1リットル5円のコスパの良さ


定価は200リットル浄水できるカートリッジ2本で5,400円もしますが、Amazonだと安く買えます。
浄水ポット本体のお値段と、もちろん、水道料金は除きますが1リットル5円程度の計算。
1日1.5リットル~2.0リットルの飲用水すべてをクリンスイにしたとしても一人ひと月せいぜい300円程度。
「飲用水から料理、パスタ茹でからお米のとぎ汁まですべて塩素を取り除きたい」ので利用の手軽さでも価格面でもウォータースタンドの方が優秀です。
また、家族が多い場合もウォータースタンドの方が良いですが4人くらいまでの少人数でい飲用水に限ればこちらで十分です。



ボトルの受け取り不要


当然ですがボトルが発生しません。
ボトルの受け取りの手間はもちろん、ボトルの保管場所の確保やボトルの交換といった手間もありません。
必要なのは200リットルまたは3カ月に1度のカートリッジ交換だけです。



メンテナンスの立ち合い不要


カートリッジは自分で手軽に交換できるので、メンテナンスの立ち合いなんて必要ありません。
本体も決して高額ではないので、気になってきたら本体ごと交換してしまえばよいのです。



ちょうど良い浄水


塩素はもちろん、トリハロメタンや農薬、錆や鉛にアルミニウムと言った「気になる」有害物質はしっかりと除去するクリンスイの浄水性能。
浄水ポットの中でもその性能はトップクラスです。
それでいて、残してほしいミネラルはちゃんと残すちょうどよさ。
RO水のように「なんでもかんでも」取り除かないこの「ちょうどよさ」のおかげで安心して手軽に利用できます。


↓↓クリンスイを購入するならAmazonが安いです↓↓


【オススメの水】まとめ


オススメの水として、当ブログで勝手にランク付けをさせて頂きました。
順位は「水質」よりも「経済性」によるところが大きいです。

なお、環境的に「できる」「できない」がはっきりわかれる「湧き出るお水」は除外しています。

今、水道水をそのまま飲んでいる方は飲み水だけでも「クリンスイ」を利用してみてはいかがでしょうか?




カテゴリ
タグ

水分を摂りすぎるとどうなるか

  • 投稿 2018/01/12

1日に必要な水分量は1リットルから2リットル。
それ以上は摂り過ぎと言うことになります。
それでは水分の摂り過ぎはどのような不具合を招くのでしょうか?






水分を摂りすぎるとどうなるか


水分補給は大事と言いつつも、なにごともほどほどにしなければいけません。
水も同様で摂り過ぎは「毒」です。



腎臓へ負担になり、体液が薄まる


水を飲み過ぎた場合、腎臓へ負担がかかり体液が薄まります。
食事中に飲めば真っ先に胃液が薄まるほか、短時間で大量に飲んだ場合血液濃度が下がり、ミネラルも排出されてしまいます。



1日5リットルを超えなければ問題にならない


ではどのくらい水を飲んだら飲みすぎになるのでしょうか?
1日に5リットル、または1時間に1リットルを超えた場合摂り過ぎとなります。

ポイント

  • 1時間に1リットル
  • 1日5リットル
  • これ以上の水分補給は飲みすぎ


1日に必要な水分量と理想的な摂り方でご紹介いたしましたが、理想的な摂り方は1時間に100ml~200mlに分けて摂ること。
この摂り方を守っていれば1時間に200mlのハイペースで寝る間を惜しんで飲み続けたとしても4.8リットルとなり摂りすぎることはありません。




街を走ってくる女性6.jpg


運動をした場合など汗をかいた場合


問題となるのは汗をかいた場合です。
激しい運動や猛暑などで大量の汗をかいた場合は当然200mlの上限を超えた摂取が必要です。

ポイント

汗をかいた場合の理想的な水分補給は
  • 軽く汗ばむ程度⇒1時間に400ml
  • 激しい汗⇒1時間に800ml

上記を目安に調整しましょう。
なお、この場合大量のミネラルも汗を通し失われるので、「梅干しと麦茶」や「経口補水液」などによる水分補給が必要です。



経口補水液とスポーツドリンク


最近「OS-1」という商品名で有名な経口補水液があります。
塩分と糖分を含み、小腸で吸収されるように調整された水です。
脱水症状の時に摂取するのも良いですが、激しい運動後などに脱水症状になる前に飲むことも未然に防ぐポイントとなります。

経口補水液のレシピ

  • 水500ml
  • 塩1.5g
  • 砂糖20g
なお、欲を言えば塩は岩塩の方がミネラルバランスが良く、砂糖は身体に悪いので精製された白糖は避けましょう。


同様に、スポーツドリンクも効果的です。
ポカリスエットやアクエリアスなどは速やかに吸収できるように調整されています。
ただし、最近有名な話ですが「糖分が多い」点には要注意です。
1日に必要な当分は子供で25g、大人で50gと言われていますが、ポカリスエット500mlで40g弱もの糖分があります。
当然食事からの摂取もありますので、500ml一本でも摂り過ぎとなります。



水中毒(みずちゅうどく)とは


なお、1時間で1リットルを超える水分補給は急激な血液濃度の低下とミネラルの排出を招き、最悪の場合死に至ります。
特に、腎臓に問題がある場合は要注意です。
飲み方も激しく喉を「ゴクゴク」鳴らすような飲み方は行わず、ゆっくりと飲むことを心がけましょう。



水毒とは


水中毒に似ている物で「水毒(すいどく)」というものもあります。
漢方の考え方で体液の滞った状態、つまりはむくみや水太りなどをさします。
水の飲みすぎが原因ではなく、循環が悪くなっていることが原因です。
水分補給をやめるのではなく、運動をすれば良くなるでしょう。


水分の摂りすぎまとめ


1~2リットルは必要と言われる水分摂取。
それを超えても即不具合があるというわけではありません。
問題となるのは短時間の大量摂取(1リットル)と1日に5リットルを超えた時。
後は腎臓に問題があるときは注意が必要です。
結局1時間に100ml~200mlの飲み方を心がけていれば計算上5リットルを超えることはありません。
激しい運動などにより、大量に汗をかいた時を除き短時間で大量の水分を摂るのは避けましょう。


カテゴリ
タグ
スポンサーリンク
Copyright © 原因はリーキーガット!?アトピー治療日記 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。